労働者の定義とは of 労働安全衛生法のポイント

労働安全衛生法をもっと理解するためのサイト「労働安全衛生法のポイント」

労働者の定義とは

 労働者の定義は、労働基準法と同じとされています。すなわち、実態として、使用従属関係が認められれば、他人の指揮命令下に使用されて、その労働の対償として賃金を支払われていれば労働者であるといえます。
 したがって、正社員、準社員、パートタイマー、アルバイト、派遣社員などの名称にかかわらず、労働基準法上の労働者となります。

 ただし、労働安全衛生法は、次のものには適用されません。(安衛法第115条)

  • 同居の親族のみを使用する事業に使用される者
  • 家事使用人
  • 鉱山における保安
  • 船員法の適用を受ける船員
  • 一般職の国家公務員(国家公務員法附則第16条)
  • 地方公務員(一部の規定のみ適用除外)

※ ただし、地方公務員の一般職については、「第2章 労働災害防止計画」及び第92条の労働基準監督官の権限について適用が除外されています。第92条の労働基準監督官の権限は、人事委員会が行います。(地方公務員法第58条)

ふくなが社労士事務所では、毎月1回、顧問契約を頂いているお客様にのみ、中小企業事業主向けに役立つ人事・労務情報を私自身がお客様に有用な情報と思われるネタを厳選し、毎月頭をひねりながら内容を考えたものをニュースレターとして郵送しております。

あるとき、せっかく苦労をして作っているニュースレターの情報を少しでも多くの経営者等にお届けしたいと考え、このブログを見ていただいた方に特別に、メールサーバーの関係上配信数限定でこのニュースレターのメルマガ版を送信することといたしました。

このニュースレターのメルマガ版のご登録は、こちらから。
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

販売用バナー.png販売用バナー.png

無料メルマガ発行中

あなたの会社に役立つ情報を毎月1回お届けする「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録はこちらから
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

「労働安全衛生法のポイント」の
 メニュー

syousassi07.jpg